Admin

ちょびのすけ工房

趣味のビーズや編み物のこと・面白かったこと・ (たまには ためになる話があるかも?) を    中心に  ジャンルにとらわれず書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

じたばたしても・・・ 

MRIの予約を入れて帰宅してから
寝るまでずっと PCに張り付いて
MRIについて検索し続けました。

怖かった。辛かった。途中でやめてもらった。
うるさかった。冷や汗かいた。
あるある 体験者さんの感想がいっぱい。

目をつむってたら終わった。
寝てしまったらしく思ってたより大丈夫だった。
等の 希望にあふれるコメントもあったりして。

そうだ。磁気共鳴っていうんだから
眼鏡はずすんだよね。
ド近眼の私には 見えないのはもっと恐怖なわけで・・・。
病院によっては どら焼き型の開放型MRIもあるんだって。
私の行くところは・・・普通のやつだぁ。

撮影当日まで 頭はMRIのことでいっぱい。
寝不足だし 食欲ないから食事抜きはいいとしても
水分制限は辛いですね。
行きたくない足を
無理やり動かして 病院に行きました。

検査着に着替えてすぐに撮影室へ。
大きな機械で CTより穴が大きい感じがしました。
なぁんだ。思ったより穴おっきいじゃん。これなら。
と台に横になりました。

頭を動かさないように 耳の両側にスポンジを入れられ
剣道の面状のものをかぶせられ 固定され・・・
これじゃぁ 絶対途中じゃ逃げられないっ 怖いよォ
多分おなかもベルトで絞められたんじゃなかったかと。

そして次にその台が上にあがって行きました。
これじゃぁ 穴ちっちゃいのとかわんないじゃ~ん。
目をギュッと綴じて 緊張のあまり手には汗をかいてます。
30分我慢すれば終わる。30分の我慢だ。
1800数えれば終わる。と頭の中で繰り返しました。

長かったです。音がうるさかったです。
すぐ目の前に天井があるってのは
とっても圧迫感があり ドキドキしました。
ガンガン ガチャンガチャン ギー あの音の中で
眠ったという人は すごいと思いました。

私の助けになったのは
思ってたより穴の中が明るかったことと
弱点だと思ってた近視が 視界がぼやけることにより
穴の中がよく見えなかったことで
怖さが少し減ったことです。 

結果は 脂肪種だそうで 
味噌漬けの脂身状のものが入ってるらしいです。
大きくなったり痛くならなければ
このまま放置していいそうです。

検査後は爆食して爆睡しました。
そして胃薬を飲みました。
肩の痛みは相変わらずです。

スポンサーサイト
[ 2013/03/16 23:19 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。