FC2ブログ
Admin

ちょびのすけ工房

趣味のビーズや編み物のこと・面白かったこと・ (たまには ためになる話があるかも?) を    中心に  ジャンルにとらわれず書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

でっかい買い物 最終回 

中途半端なまま 気がついたら1年近く書いてなかったですね。
今日は ラストまで書いちゃいます。
きっと長くなりますので ご興味のある方は どうぞお読みください。

生前父は 田舎に帰りたい(引っ越したい)気持ちが強かったようです。
それは 関東近辺に住んでいて ちょくちょく会っていた方々が
定年退職を期にとか ひとり暮らしの親の面倒をみるためなど
それぞれの理由で 田舎に戻っていかれたのもあったようです。

買ったお墓にすぐに納めることも考えたのですが
少しは父の思いもかなえたいと 遺骨は一旦田舎に
納めることしました。
そして3回忌までおいて その後こちらにつれてこようと決めたのです。

ちょびっと家全員の遺骨を移動するのはどうしたらいいのか?
いったい ばぁちゃん以前の遺骨は何体あるのか?
父を納めに行くまで ドキドキしてました。

じいちゃん おじさんが2人 ばぁちゃん の遺骨が納められていました。
納骨堂には すでに父の入るスペースはありませんでした。
出発前に 遠方で飛行機を利用するため 一度には
運び出しきれないだろうから 二人分くらいは 父と入れ替わりに
連れて帰ろうと準備はしていたので 大丈夫でしたが・・・・。

じいちゃんとおじさん方は 亡くなって数十年たっており
3人分が2つの壷に入っていました。
そしてこの3人をいっしょに連れて帰ってきました。

遺骨を運ぶっていうのは 搭乗手続きの手荷物検査の時や
移動中にちょっと足元に置くということもできず
苦労しました。
いかにも遺骨とわからないように配慮してくださいって・・・
ちょっと派手目の風呂敷で包みましたが 
わかっちゃったんじゃないかな?

うちに帰ってから 粉骨しました。
2つの壷が ひとつの壷になりました。
どこでも粉骨してくれるわけではないそうで
うちは 比較的近くの火葬場でできたので
良かったです。

そして 来年 父とばぁちゃんをつれてきて
全員そろったとこで 新しいお墓に埋葬します。
なので じいちゃん達は今 仏壇にいます。
ちっちゃいし 風呂敷に包まれているので
ちょっと見では わからないかも?

そうそう粉骨について 少しだけ。
まず湿気を取るために 業務用レンジのようなので
乾燥させてから 粉末にします。
費用は・・・・高かったぁ・・・・。
3人分だったし・・・・。

これにて 長編 でっかい買い物は おしまいです。
お付き合いくださいまして ありがとうございました。お疲れ様でした。
スポンサーサイト
[ 2009/11/19 15:45 ] でっかい買い物 | TB(0) | CM(4)
我が家は子供=跡継ぎがいないので没後の事はいろいろ考えてましたが。。。
『粉骨』は始めて知りました。
情報に感謝!
[ 2009/11/19 23:21 ] [ 編集 ]
お墓って みんな頭を悩ませてるようですね。
私自身は 戒名なくたって 合葬だって
一向にかまわない気もするんですが
遺された人の立場になると 
そうもいかないようで・・・
むずかしい ところです。
少しでもお役にたてたのでしたら
うれしいです。
[ 2009/11/20 17:12 ] [ 編集 ]
1年前の記事のことを存じ上げず、
今日、初めて最終回を読ませていただき、
1年前の記事も一気に読ませていただきました。

ほんとにご苦労さま。
そして、ほんとにご先祖思いのちょびのすけさんに
感動しました。
私も、お墓を移した経験があります。
父が先祖代々の墓を無視して、クリスチャンとしてのお墓を建ててしまったため、父の死後、整理をしたわけです。私も苦労したと思っていましたが、ちょびのすけさんのお墓を建てる経緯、飛行機に乗ってお骨を分けて持ち帰る労、粉骨という方法・・・驚くことばかりです。
私はお骨は車で持ち帰る距離だったし、お墓は父が建てたし、お骨は1体しか入っていなかったし・・です。
お父様のために、いいお墓が建てられ、そして、ご先祖様、みんなで安心して納骨できますように・・・。
[ 2009/11/22 15:57 ] [ 編集 ]
ご無沙汰してます。
そして超長文 お読みいただき有難うございました。
うちの場合は 田舎の風習と距離の関係で
思わぬハプニング続出だっただけで
草の花さんとかわりはないんです。

お墓の事情って 十人十色だし 宗教ものは
何かとあるようなので 書くのも考えたのですが
自分の記録と もしかしたら 一箇所でも 
お役にたてたらと思い 書いてみました。

遺骨の移動が一番頭を悩ませていました。
「数が多いんだったら 業者には中身を内緒で
宅急便で送っちゃったら?」と
びっくりアドバイスくれた人もいましたが
そんな罰あたりはできず・・・
肌身離さず 持って帰りました。

きっと一生に一度の経験だと思います。
貴重な経験をさせてくれたご先祖様にも
感謝したいです。
[ 2009/11/25 10:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。