Admin

ちょびのすけ工房

趣味のビーズや編み物のこと・面白かったこと・ (たまには ためになる話があるかも?) を    中心に  ジャンルにとらわれず書いてます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お盆と親戚 

pen1_47.gif 今日も暑いですね。お湯につかっているみたい。
手作り仲間がテーマだってのに 何日作品のせてないやら・・・
作りかけのものひとつあるんだけど あまりにも途中過ぎて 
UPできそうになく・・・・。

さて今日のお題は 「お盆と親戚」

友人達の話を聞く限りでは 
「親戚付き合いなんて法事か結婚式だけよぉ。」とか
「顔知らない いとこ 何人もいるしぃ」という人もいる。

それに比べて
普段から 密な親戚付き合いの我が家系。
お盆が近くなり 今年は初盆なわけで
いやおうなく ねっとりするほどの
濃密な親戚付き合いとなっているこの頃です。


学生の頃、ちょびっと家のお盆は(お正月もそうですが) 
自宅待機でした。
うちが一応本家ということで 仏壇があるので
父方の親戚がお参り(という名の宴会)にくるので
(伯母一家、伯母の子一家、叔母夫婦)
おもてなしするために、お出かけはできません。
いつくるか 予告は絶対にありません。
変な話ですが うちに来る日をあらかじめ
話し合ってくるのに 我が家には知らせてくれません。

我が家は一切アルコールは飲まないのですが
親戚一同は うわばみのように 飲みます。
お昼頃来て 夜10時くらいまで宴会は続きます。

子供の頃から繰り返されてきてますから
ブツブツ言いながらも ガマンをしてきてました。
ばあちゃんもいたし、文句言ったら 父が 怒るから!
ばあちゃんも父も出不精で 人が来るのが大好きなんです。

ばあちゃんが亡くなった翌年 喪中の1月。
お正月の集まりは ありませんでした。
いとこのお嫁さんが気を使ってくれて
「毎年おじゃましてるから たいしたことはできないけど
今年はうちにいらしてください」

言ってくれたことがありましたが
父は 「迷惑をかけるのは気の毒だから」と
即座に辞退。

それを聞いて 爆発しちゃいました。
「うちが行くと迷惑がかかるの?
それじゃぁ お母さんは毎回迷惑してるよね!
どこにも行かれないで
いつくるかわかんない人をぼ~っと 待つんだもんね。
来たら来たで 料理が少ないとか 酒が足りなりとか
文句ばっかり言うし 文句は言っても
ねぎらいの言葉なんか 一切ないし
お父さんは お母さんが気の毒だとは思わないもんね」

と強く言ったことがあります。

父は黙って聞いていました。
今思うとその頃から 親戚がやってくる予定を
前もって知らせてくれるようになったようです。
せめてもの 父の気遣いだったんでしょうか。

お盆休みに 実家に帰省するって話 よく耳にします。
中には 奥さんの実家にだんなさんも行っちゃう人も
いるらしいね。
自分の家に帰るんだもん 何の遠慮が?
って思うかもしれないけど ちょっとだけ待って!
迎える側のことも考えて欲しいなって思います。
特に ご両親だけの家ならともかく
お嫁さんが主に接待してくれる場合は
ちょっとだけ気を使ってあげて欲しいです。

20代の頃 結婚するのは 親戚の少ない人がいいって
本気で思ってた ちょびっとのお願いです。
スポンサーサイト
[ 2008/08/07 18:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(7)
うん! わかるよぉ~!!
うちも本家だから やたらと親戚がやってくる。
しかも 連絡なしに突然 “だれかいる~?”って・・・
今は 電話っていう文明の利器があるんだから 確認電話ぐらいしてから来なさいっていつも思う・・・
そうやって 親戚が集まる家だとさぁ~ 無駄に食器とか布団とか 多くない?
ぜ~ったいに普段は使わない物が かなりのスペースを塞いでるんだよね。
お参りはしかたないけど 宴会は持ち回りでやってほしいなぁ~
[ 2008/08/07 21:20 ] [ 編集 ]
私の里帰りは、父も母もじいちゃんばあちゃんもいなくなり、妹のところに厄介になります。
みな仕事で忙しかったりだけど、そこは姉妹、喜んでくれます???
かえる家がないってさびしいですよ。
でも、伯母たちが親身にもてなしてくれるのでとってもうれしいです。
かならず、昼間に食事会を設けてくれるんです。
元気なうちは愛媛から熊本への里帰りは続けたいな(^^)
お土産、もちろん持っていくけど、それ以上に持たせてくれます(*^-^*)
感謝感謝です。

みんな、集まるととこがあるってうれしくって感謝してますよぉ。
でも配慮は絶対ほしいですよね。
[ 2008/08/07 21:31 ] [ 編集 ]
主人の両親が元気な頃はお盆は毎年主人の田舎の岩手へ行っていました。 主人の兄弟がそれぞれ子供を連れてきたので、 其れは大変な賑わいでしたね。 今思うと主人の兄の奥さんは大変だったことだろうと思いますね。年に1度とはいうものの数日は忙しい思いをしていただろうと思います。 ねぎらいの言葉をかけていただろうかと疑問を持ってしまいました。 本家のお嫁さんは本当に大変だっただろうね。
[ 2008/08/07 22:23 ] [ 編集 ]
うちの実家も本家だったのでよく分かります。
小さい頃は普通の時に出かけようとしたタイミングで親戚がふらっと来るとそのお出掛けが出来なくなりとても不満でした。
大きくなってからは料理とかいろいろ手伝わされるのも嫌でしたね~。
思えば母は大変だったのでしょうね。

私は二男に嫁ぎ、親戚付き合いも皆無ですごーく楽です。
お盆やお正月になると本家のお嫁さんのこういう話はよく耳にしますね。
御世話になる人の感謝の言葉一つですよね。
[ 2008/08/08 09:24 ] [ 編集 ]
v-301★Kiyono★さん
 同じだぁ~ お泊りやってましたよ。
 お客さん用の○○がいっぱいで まるで旅館のよう。
 泊まる前提でやってくるのに
 パジャマはもちろん 下着まで要求された日にゃ
 震える握りこぶしを押さえるのに必死でした。

 最近はさすがに泊り込みまではなくなったけど
 なごりのお布団は健在です。v-406

 Kiyonoさんちは 今でもお接待 続いてるの?
 お察ししますぅ。

v-301ピンクパンサーさん
 母がいつも言ってました。
 「私も里帰りしたいわ」って。
 前もって 予定がわかってれば、
 日をずらして里帰りできたはずなのに
 帰る立場の人なら その気持ちわかるんじゃないかと
 期待してましたが 伝わりませんでした。
 それが余計に腹がたったんです。
 姉妹なら その心配は無用ですね。

v-301ぷーちゃん
 そうです。
 本家のお嫁さまは 大変なんです。v-406
 どうか 優しく気遣ってあげてくださ~い。

v-301みこさん
 そうそう!ジャストタイミングでふらっと 来る!
 あるあるぅ~。
 座る暇なく 手伝わされて くたくたでした。
 
 ほんとうに思いやりって 大切ですよね。
 
  
[ 2008/08/08 16:26 ] [ 編集 ]
ちょびっとさん、超、お久しぶりです。しばらく読み逃げばかりでごめんなさいね。

私のとこは(実家)中学生くらいまで、死んだ父親側の従兄弟の家に厄介になってました。
お盆のときは、帰省した遠くの親戚、近くにすんでる親戚関係なく、ほとんど全員で準備してた記憶があります。
なので、お互いに苦労を分かち合って、親戚皆が気遣うことが出来たのだと思います。
やはり、気遣いや思いやりって、社会の周りの人だけでなく、身近な親戚間でも常に必要だなって今でも思う今日この頃です。私も今度親戚のところに行くときは
この気持ちを忘れずにねぎらいの一言をかけられるようになりたいと思ってます

こんな私ですけどこれからもよろしくお願いします
m(__)m
[ 2008/08/08 20:11 ] [ 編集 ]
v-301チハリンさん
 ほんとぉ おひさですぅ。
 今日はちょっと涼しいので 元気回復!
 遠く近く関係なく 全員っていいなぁ。
 そうそう親戚付き合いは やっぱ気遣いだよねぇ。

 わがままなのがいるから
 「親戚づきあいって めんどっちぃ」って
 思っちゃうんだよね。
 わかってくれる人は 今までも人を思いやって
 きた人だと思いま~す。
 こちらこそ これからもよろしくですぅ。
[ 2008/08/10 11:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。